資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育原理 問6

 次の保育所での【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
 園庭で遊んだ後にお話し会が予定されている。お話し会の前に、トイレに行こうとしたT君(4歳)と、ちょうどトイレから出てきたS君(4歳)とが正面からぶつかってしまった。保育士が確認したところ、二人とも怪我はなく手当ての必要はなかった。T君とS君は泣きながら、相手のことを怒っている。

【設問】
 「保育所保育指針」第1章「総則」の(2)「保育の方法」、第2章「子どもの発達」、第3章「保育の内容」の2「保育の実施上の配慮事項」に基づいた保育士の対応として、最も不適切なものを一つ選びなさい。

  1. 自分たちで解決することも大切なので、やりとりをそばで見守る。
  2. 二人の話を聴き、わざとぶつかったのではないこと、お互いに痛かったことを伝えるように促す。
  3. T君とS君に、ぶつかったりしないように、周りに注意して行動するように伝える。
  4. いつまでも怒っていないで、お互いに早く謝り仲直りをするように伝える。
  5. 二人の気持ちを受け止め、落ち着いたところで、お話し会が始まることを知らせ、参加するように促す。

 

答え

       4

解説

  1. 自分たちで解決することも大切なので、やりとりをそばで見守る。 ⭕️
    適切です。

  2. 二人の話を聴き、わざとぶつかったのではないこと、お互いに痛かったことを伝えるように促す。 ⭕️
    適切です。

  3. T君とS君に、ぶつかったりしないように、周りに注意して行動するように伝える。 ⭕️
    適切です。

  4. いつまでも怒っていないで、お互いに早く謝り仲直りをするように伝える。 ❌
    不適切です。

  5. 二人の気持ちを受け止め、落ち着いたところで、お話し会が始まることを知らせ、参加するように促す。 ⭕️
    適切です。