資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育原理 問11

 次の文は、「保育所保育指針」第1章「総則」の(3)「保育の環境」の一部である。 ( A )~( F )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  • 子ども自らが環境に関わり、( A )に活動し、様々な経験を積んでいくことができるよう配慮すること。
  • 子どもの活動が豊かに展開されるよう、保育所の設備や環境を整え、保育所の( B )環境や( C )の確保などに努めること。
  • 保育室は、温かな親しみと( D )となるとともに、生き生きと活動できる場となるように配慮すること。
  • 子どもが( E )を育てていくため、子ども自らが周囲の( F )と関わっていくことができる環境を整えること。

 

 (組み合わせ)

  A B C D E F
 1 自発的 保健的 安全 くつろぎの場 人と関わる力 子どもや大人
 2 意欲的 保健的 安全 くつろぎの場 生きる力 社会や文化
 3 自発的 衛生的 人材 安心できる場 生きる力 子どもや大人
 4 意欲的 衛生的 人材 くつろぎの場 人と関わる力 社会や文化
 5 自発的 保健的 安全 安心できる場 人と関わる力 社会や文化

 

答え

       1

解説

 適切な語句を入れた文章は次の通りです。

  • 子ども自らが環境に関わり、( 自発的 )に活動し、様々な経験を積んでいくことができるよう配慮すること。
  • 子どもの活動が豊かに展開されるよう、保育所の設備や環境を整え、保育所の( 保健的 )環境や( 安全 )の確保などに努めること。
  • 保育室は、温かな親しみと( くつろぎの場 )となるとともに、生き生きと活動できる場となるように配慮すること。
  • 子どもが( 人と関わる力 )を育てていくため、子ども自らが周囲の( 子どもや大人 )と関わっていくことができる環境を整えること。