資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育原理 問15

 次の保育所での【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
 Kちゃんは2歳になったばかりである。母親は初めての子育てに奮闘している。そんな中、Kちゃんの母親は、同じクラスにおむつをはずし始めた子がいることを知る。Kちゃんは保育所でも家庭でもおむつを使っており、担当保育士からKちゃんのトイレット・トレーニングを始めるという話はまだない。しかし、母親は、Kちゃんのトイレット・トレーニングのことを意識し始める。早速、休みの日にKちゃんが午睡から起きた際などにおむつがぬれていないときは、トイレに座ってみるように声をかけて誘ってみるが、Kちゃんは「いや!いかない」と言ってトイレに座ろうとしない。また、別の日にトイレに誘ってみるが、Kちゃんはトイレに座らないことが続く。母親は、Kちゃんのトイレット・トレーニングをどのように進めていけばよいのかを担当保育士に相談してきた。

【設問】
 「保育所保育指針」第2章「子どもの発達」に示される発達過程や、第3章「保育の内容」の(1)「養護に関するねらい及び内容」、第6章「保護者に対する支援」に基づいた保育士の対応として、適切な記述を○、不適切な記述を× とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 「Kちゃんのおむつがはずれるよう、努力しているのですね」と母親に言葉をかける。
  2. 保育所でトイレット・トレーニングを始めるまでは、家庭では進めないよう母親に伝える。
  3. 保育所でのKちゃんの排泄の状況を伝え、トイレット・トレーニングをこれからどのように進めようと考えているのかを母親に伝える。
  4. トイレット・トレーニングは家庭で進めるべきものなので、保育所では対応できないと母親に伝える。
  5. トイレット・トレーニングを始める目安や、いつから開始するかは個人差が大きいことなど、保育所としての基本的な考えをクラス便りに載せる。

 

 (組み合わせ)

  A B C D E
 1 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
 2 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 3 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 4 ⭕️ ⭕️
 5 ⭕️ ⭕️

 

答え

       2

解説

  1. 「Kちゃんのおむつがはずれるよう、努力しているのですね」と母親に言葉をかける。 ⭕️
    適切です。

  2. 保育所でトイレット・トレーニングを始めるまでは、家庭では進めないよう母親に伝える。 ❌
    不適切です。

  3. 保育所でのKちゃんの排泄の状況を伝え、トイレット・トレーニングをこれからどのように進めようと考えているのかを母親に伝える。 ⭕️
    適切です。

  4. トイレット・トレーニングは家庭で進めるべきものなので、保育所では対応できないと母親に伝える。 ❌
    不適切です。

  5. トイレット・トレーニングを始める目安や、いつから開始するかは個人差が大きいことなど、保育所としての基本的な考えをクラス便りに載せる。 ⭕️
    適切です。