資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育原理 問19

 次の表は、年齢区分別の保育所等利用児童の人数と割合(保育所等利用率)を示したものである。この表を説明した記述として誤ったものを一つ選びなさい。ただし、ここでいう「保育所等」は、従来の保育所に加え、平成27 年4月に施行した子ども・子育て支援新制度において新たに位置づけられた幼保連携型認定こども園等の特定教育・保育施設と特定地域型保育事業(うち2号・3号認定)を含むものとする。

f:id:honmurapeo:20180910222203p:plain

  1. 平成28 年4月の全年齢児の保育所等利用率は、前年と比べて高くなっている。
  2. 平成28 年4月の保育所等利用率は、0歳児、1・2歳児、3歳以上児のすべてにおいて前年と比べて高くなっている。
  3. 平成28 年4月の保育所等利用率において、前年と比べて一番比率が高くなったのは0歳児である。
  4. 平成28 年4月の3歳未満児の保育所等利用率は、3歳以上児の保育所等利用率と比べて低い。
  5. 平成28 年4月の全年齢児の保育所等の利用児童数と利用率は、両方とも前年と比べて高くなっている。

 

答え

       3

解説

  1. 平成28 年4月の全年齢児の保育所等利用率は、前年と比べて高くなっている。 ⭕️
    正しいです。

  2. 平成28 年4月の保育所等利用率は、0歳児、1・2歳児、3歳以上児のすべてにおいて前年と比べて高くなっている。 ⭕️
    正しいです。

  3. 平成28 年4月の保育所等利用率において、前年と比べて一番比率が高くなったのは0歳児である。 ❌
    誤りです。

  4. 平成28 年4月の3歳未満児の保育所等利用率は、3歳以上児の保育所等利用率と比べて低い。 ⭕️
    正しいです。

  5. 平成28 年4月の全年齢児の保育所等の利用児童数と利用率は、両方とも前年と比べて高くなっている。 ⭕️
    正しいです。