資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 教育原理 問2

 次のうち、「学校教育法」の条文の一部として誤ったものを一つ選びなさい。

  1. 幼稚園に入園することのできる者は、満3歳から、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。
  2. 幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。
  3. 幼稚園においては、第22 条に規定する目的を実現するための教育を行うほか、幼児期の教育に関する各般の問題につき、保護者及び地域住民その他の関係者からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行うなど、家庭及び地域における幼児期の教育の支援に努めるものとする。
  4. すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。
  5. 学校においては、別に法律で定めるところにより、幼児、児童、生徒及び学生並びに職員の健康の保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保健に必要な措置を講じなければならない。

 

答え

       4

解説

  1. 幼稚園に入園することのできる者は、満3歳から、小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。 ⭕️
    正しいです。

  2. 幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。 ⭕️
    正しいです。

  3. 幼稚園においては、第22 条に規定する目的を実現するための教育を行うほか、幼児期の教育に関する各般の問題につき、保護者及び地域住民その他の関係者からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行うなど、家庭及び地域における幼児期の教育の支援に努めるものとする。 ⭕️
    正しいです。

  4. すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。 ❌
    誤りです。

  5. 学校においては、別に法律で定めるところにより、幼児、児童、生徒及び学生並びに職員の健康の保持増進を図るため、健康診断を行い、その他その保健に必要な措置を講じなければならない。 ⭕️
    正しいです。