資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 児童家庭福祉 問17

 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
 保育所の5歳児クラスを担当するY保育士は、着替え中にX君の腕や足、身体に多くのあざがあることを発見した。X君に尋ねると、「いつもお父さんは酔っぱらっていて、叩いたり、蹴ったりする。」と答えたが、すぐに「お父さんとお母さんには言わないで!絶対だ よ。」と泣きながら必死に訴えた。

【設問】
 次の文のうち、Y保育士の対応として適切な記述を○、不適切な記述を× とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 児童虐待の通告には本人の同意が必要なので、X君に同意を得てから通告する。
  2. 所長や主任保育士に相談し、すぐに保育所内において職員同士の情報共有を図る。
  3. すぐにX君の両親に連絡し、保育所に呼び出した上で、「子どもを叩いたり蹴ったりするのはいけないことだ。」と厳しく指導する。
  4. 保育士の守秘義務に基づき、児童相談所などには通告せず、X君の様子を見守る。

 

 (組み合わせ)

  A B C D
 1 ⭕️ ⭕️ ⭕️ ⭕️
 2 ⭕️ ⭕️
 3 ⭕️
 4 ⭕️
 5 ⭕️

 

答え

       3

解説

  1. 児童虐待の通告には本人の同意が必要なので、X君に同意を得てから通告する。 ❌
    不適切です。

  2. 所長や主任保育士に相談し、すぐに保育所内において職員同士の情報共有を図る。 ⭕️
    適切です。

  3. すぐにX君の両親に連絡し、保育所に呼び出した上で、「子どもを叩いたり蹴ったりするのはいけないことだ。」と厳しく指導する。 ❌
    不適切です。

  4. 保育士の守秘義務に基づき、児童相談所などには通告せず、X君の様子を見守る。 ❌
    不適切です。