資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 児童家庭福祉 問18

 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
 保育所の4歳児クラスに通うZちゃんは、他の子どもと比べて言葉の発達が遅く、また、とてもおとなしい性格である。家庭や保育所でのトイレット・トレーニングがなかなか進まず、たまに排泄を失敗することがある。また、オムツをして登園したことがあったことから、最近、同じクラスの子どもたちにからかわれることがあった。

【設問】
 次のうち、担当保育士の対応として不適切な記述を一つ選びなさい。

  1. トイレのことをからかう子どもたちに対し、保育士はZちゃんの抱く悲しい気持ちや嫌な気持ちを想像するよう伝えた。
  2. Zちゃんの言葉の状況については、その発達の状況を見守りながら記録し、保護者の不安に対応できるよう準備した。
  3. 保育士が仲立ちとなったり、一緒に遊んだりするなど、Zちゃんとクラスの子どもたちが一緒に楽しむ経験を多く積めるように援助した。
  4. 排泄のタイミングをうまく伝えられないZちゃんの表情や言動を注意深く観察し、排泄のサインを見逃さないように気をつけ、トイレに行くことを促すようにした。
  5. 保護者に対して、すぐに医療機関を受診するように指示した。

 

答え

       5

解説

  1. トイレのことをからかう子どもたちに対し、保育士はZちゃんの抱く悲しい気持ちや嫌な気持ちを想像するよう伝えた。 ⭕️
    適切です。

  2. Zちゃんの言葉の状況については、その発達の状況を見守りながら記録し、保護者の不安に対応できるよう準備した。 ⭕️
    適切です。

  3. 保育士が仲立ちとなったり、一緒に遊んだりするなど、Zちゃんとクラスの子どもたちが一緒に楽しむ経験を多く積めるように援助した。 ⭕️
    適切です。

  4. 排泄のタイミングをうまく伝えられないZちゃんの表情や言動を注意深く観察し、排泄のサインを見逃さないように気をつけ、トイレに行くことを促すようにした。 ⭕️
    適切です。

  5. 保護者に対して、すぐに医療機関を受診するように指示した。 ❌
    不適切です。