資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育の心理学 問4

 次の説明及び図は、環境閾値説に関するものである。( ア )~( エ )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

説明
 ジェンセン(Jensen, A.R.)は、心身の諸特質の( ア )が顕在化するのに必要な( イ )の質や量は、その特性によってそれぞれ違いがあり、各特性に固有な一定の水準(閾値)があるという見解を述べている。その見解によると特性Aは、極端に不適切な環境でないかぎり、ほぼ完全に発達の可能性が現れる。特性Bは、( ウ )などがこれにあたり、中程度の環境条件が閾値となるものである。特性Cは、環境条件にほぼ比例して発達の可能性が顕在化するもので、( エ )などがこれに当たる。特性Dは、きわめて可能性が好適的な環境条件や特別な教育訓練によって、はじめて顕在化するものである。

f:id:honmurapeo:20180915112958p:plain

 

 (組み合わせ)

  A B C D
 1 遺伝的可能性 環境条件 学業成績 知能検査の成績
 2 遺伝的可能性 相互作用 知能検査の成績 学業成績
 3 環境条件 相互作用 知能検査の成績 学業成績
 4 遺伝的可能性 環境条件 知能検査の成績 学業成績
 5 環境条件 相互作用 学業成績 知能検査の成績

 

答え

       4

解説

 適切な語句を入れた文章は、次の通りです。

 ジェンセン(Jensen, A.R.)は、心身の諸特質の( 遺伝的可能性 )が顕在化するのに必要な( 環境条件 )の質や量は、その特性によってそれぞれ違いがあり、各特性に固有な一定の水準(閾値)があるという見解を述べている。その見解によると特性Aは、極端に不適切な環境でないかぎり、ほぼ完全に発達の可能性が現れる。特性Bは、( 知能検査の成績 )などがこれにあたり、中程度の環境条件が閾値となるものである。特性Cは、環境条件にほぼ比例して発達の可能性が顕在化するもので、( 学業成績 )などがこれに当たる。特性Dは、きわめて可能性が好適的な環境条件や特別な教育訓練によって、はじめて顕在化するものである。