資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育の心理学 問18

 次の文は、保育所における守秘義務に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 保育士は、「児童福祉法」で守秘義務が課せられている。
  2. 関係機関の話し合いのあと、個人情報が入った配布資料は、出席者が各自で管理するため持ち帰ってもよい。
  3. 児童虐待の通告義務は、守秘義務より優先される。
  4. 保育所が医療機関へ入所児の病気について個別に問い合わせる場合は、保護者の同意は不要である。

 

 (組み合わせ)

  A B C D
 1 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 2 ⭕️ ⭕️
 3 ⭕️ ⭕️
 4 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 5 ⭕️

 

答え

       3

解説

  1. 保育士は、「児童福祉法」で守秘義務が課せられている。 ⭕️
    適切です。

  2. 関係機関の話し合いのあと、個人情報が入った配布資料は、出席者が各自で管理するため持ち帰ってもよい。 ❌
    不適切です。

  3. 児童虐待の通告義務は、守秘義務より優先される。 ⭕️
    適切です。

  4. 保育所が医療機関へ入所児の病気について個別に問い合わせる場合は、保護者の同意は不要である。 ❌
    不適切です。