資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 子どもの保険 問4

 次の文は、「2012 年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省)の一部である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 ウイルスや細菌などの( A )が宿主(人や動物など)の体内に侵入し、発育又は増殖することを「( B )」といい、その結果、何らかの臨床症状が現れた状態を「( C )」といいます。( A )が体内に侵入してから症状が現れるまでにはある一定の期間があり、これを「( D )」といいます。( D )は( A )によって異なり、乳幼児がかかりやすい( C )の( D )を知っておくことが必要です。

 

 (組み合わせ)

  A B C D
 1 感染源 感染 感染症 孵卵期間
 2 病原体 感染 発症 潜伏期間
 3 病原体 感染症 発症 潜伏期間
 4 感染源 感染症 発症 孵卵期間
 5 病原体 感染 感染症 潜伏期間

 

答え

       5

解説

 適切な語句を入れた文章は、次の通りです。

 ウイルスや細菌などの( 病原体 )が宿主(人や動物など)の体内に侵入し、発育又は増殖することを「( 感染 )」といい、その結果、何らかの臨床症状が現れた状態を「( 感染症 )」といいます。( 病原体 )が体内に侵入してから症状が現れるまでにはある一定の期間があり、これを「( 潜伏期間 )」といいます。( 潜伏期間 )は( 病原体 )によって異なり、乳幼児がかかりやすい( 感染症 )の( 潜伏期間 )を知っておくことが必要です。