資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 子どもの保険 問15

 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

 

【事例】

 保育所に通う5歳の男児。周産期に問題はなく、発育発達で異常を指摘されたことはない。食欲は旺盛で、普段は20 時過ぎに就寝し、朝は6時頃に起床している。母親から、2か月程前から夜中に叫ぶことがあると相談を受けた。頻度は週2~3回で、22 時前後に、急激に両目を見開いて、恐怖の叫び声をあげることが数分間続く状態であった。心配した母親が安心させようと抱きしめても叫び続けた。朝起床後に母親が尋ねても、叫び声をあげたことは覚えておらず、日中の行動には問題はない。

 

【設問】

 次のうち、この子どもで疑われる精神医学的問題として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 症状はパニック発作で、治療は認知行動療法が有効である。
  2. 小児に多く、成人では頻度が少ない。
  3. 頻脈、呼吸促迫、発汗、瞳孔散大などの自律神経徴候がみられる。
  4. 悪化する要因として日常生活上のストレスや、睡眠リズムの乱れがある。
  5. 脳波検査で、特有の異常波がみられる。

 

 (組み合わせ)

  A B C D E
 1 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 2 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 3 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 4 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 5 ⭕️ ⭕️ ⭕️

 

答え

       3

解説

  1. 症状はパニック発作で、治療は認知行動療法が有効である。 ❌
    不適切です。

  2. 小児に多く、成人では頻度が少ない。 ⭕️
    適切です。

  3. 頻脈、呼吸促迫、発汗、瞳孔散大などの自律神経徴候がみられる。 ⭕️
    適切です。

  4. 悪化する要因として日常生活上のストレスや、睡眠リズムの乱れがある。 ⭕️
    適切です。

  5. 脳波検査で、特有の異常波がみられる。 ❌
    不適切です。