資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 子どもの食と栄養 問5

 次の文は、幼児期の健康上の課題と食生活に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。

  1. 幼児期の肥満への対応は、成長期であるため、極端な食事制限は行わない方がよい。
  2. 乳歯は、永久歯に抜けかわるため、むし歯(う歯)になっても治療は控えてよい。
  3. むし歯(う歯)を防ぐには、甘い間食を少なくし、食後の口ゆすぎ、歯みがきの励行を心がける。
  4. 菓子の中でも、砂糖含有量が多く、歯の表面への粘着性が高いもので、口腔内滞在時間が長いものは、う蝕誘発性が高い。
  5. 幼児期の肥満は、学童期以降の肥満につながる可能性をもっている。

 

答え

       2

解説

  1. 幼児期の肥満への対応は、成長期であるため、極端な食事制限は行わない方がよい。 ⭕️
    適切です。

  2. 乳歯は、永久歯に抜けかわるため、むし歯(う歯)になっても治療は控えてよい。 ❌
    不適切です。

  3. むし歯(う歯)を防ぐには、甘い間食を少なくし、食後の口ゆすぎ、歯みがきの励行を心がける。 ⭕️
    適切です。

  4. 菓子の中でも、砂糖含有量が多く、歯の表面への粘着性が高いもので、口腔内滞在時間が長いものは、う蝕誘発性が高い。 ⭕️
    適切です。

  5. 幼児期の肥満は、学童期以降の肥満につながる可能性をもっている。 ⭕️
    適切です。