資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 子どもの食と栄養 問15

 次のうち、「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」(平成19 年:WHO / FAO共同作成)の記述として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

  1. 乳児用調製粉乳は滅菌された製品ではなく、重篤な疾病の原因となりうる有害細菌によって汚染される可能性がある。
  2. 哺乳器及び調乳器具の洗浄と滅菌を行う前には、必ず手を石鹸と清浄な水で十分に洗う。
  3. 乳児用調製粉乳については授乳の都度、新しく調乳することが最良である。
  4. 乳幼児の髄膜炎や腸炎の発生に関係しているとされるサカザキ菌の感染リスク低減のため、60℃以上の湯で乳児用調製粉乳を調乳する。

 

 (組み合わせ)

  A B C D
 1 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 2 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 3 ⭕️ ⭕️ ⭕️
 4 ⭕️
 5 ⭕️

 

答え

       1

解説

  1. 乳児用調製粉乳は滅菌された製品ではなく、重篤な疾病の原因となりうる有害細菌によって汚染される可能性がある。 ⭕️
    適切です。

  2. 哺乳器及び調乳器具の洗浄と滅菌を行う前には、必ず手を石鹸と清浄な水で十分に洗う。 ⭕️
    適切です。

  3. 乳児用調製粉乳については授乳の都度、新しく調乳することが最良である。 ⭕️
    適切です。

  4. 乳幼児の髄膜炎や腸炎の発生に関係しているとされるサカザキ菌の感染リスク低減のため、60℃以上の湯で乳児用調製粉乳を調乳する。 ❌
    不適切です。