資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 子どもの食と栄養 問20

 次の文のうち、障害のある子どもの摂食と食事指導に関する記述として、不適切な記述を一つ選びなさい。

  1. 摂食時の姿勢は、軽度の摂食・嚥下障害児では、ほぼ健常者と同じと考えてよい。
  2. 日常生活で寝たきりが多い児は、誤嚥を防止するために、頸部を少し前屈させるようにする。
  3. 誤嚥を防止するために、一度に多量の食物を口に入れないようにする。
  4. 運動麻痺や不随意運動などのある障害児には、食事用自助具の利用や工夫が必要となる。
  5. 食物をスプーンですくう時にこぼれないように、浅めの皿が使いやすい。

 

答え

       5

解説

  1. 摂食時の姿勢は、軽度の摂食・嚥下障害児では、ほぼ健常者と同じと考えてよい。 ⭕️
    適切です。

  2. 日常生活で寝たきりが多い児は、誤嚥を防止するために、頸部を少し前屈させるようにする。 ⭕️
    適切です。

  3. 誤嚥を防止するために、一度に多量の食物を口に入れないようにする。 ⭕️
    適切です。

  4. 運動麻痺や不随意運動などのある障害児には、食事用自助具の利用や工夫が必要となる。 ⭕️
    適切です。

  5. 食物をスプーンですくう時にこぼれないように、浅めの皿が使いやすい。 ❌
    不適切です。