資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

保育士 平成30年度前期 保育実習理論 問20

 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

 

【事例】

 障害児入所施設で実習をしているGさんは、入所しているHさん(15 歳、男児、重度の知的障害と肢体不自由あり)とのかかわりを実習記録にまとめていた。以下がその記述の一部である。

 Hさんは言葉を発することができず、職員とのコミュニケーションは表情やちょっとした身体の動きによって行っているようだった。私もHさんとコミュニケーションをとろうと、散歩の際に「今日は暖かいですね」と話しかけたが、Hさんの表情の変化を捉えることができずに戸惑い、何を話しかけたらよいかわからなかったため、その後は施設に戻るまで無言のまま車椅子を押した。

 

【設問】

 次の文のうち、実習記録において、専門性向上の観点からGさんがHさんとのかかわりを省察する記述内容として、適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

  1. Hさんは話しかけられることで何かを感じているだろうから、表情の変化を読み取れなかったとしても、コミュニケーションに工夫をすることが必要だった。
  2. Hさんは私の声かけに不快になり、無視をしたのだから、黙って車椅子を押したことはHさんに不快感を与えず、良かったと考えた。
  3. Hさんから拒否されたのではないかという恐れがあったため、Hさんに話し続けることができなかったと考えた。
  4. 他者とのコミュニケーションが困難な利用者とかかわることは、私には無理な取り組みであった。

 

 (組み合わせ)

 1 A B
 2 A C
 3 B C
 4 B D
 5 C D

 

答え

       2

解説

  1. Hさんは話しかけられることで何かを感じているだろうから、表情の変化を読み取れなかったとしても、コミュニケーションに工夫をすることが必要だった。 ⭕️
    適切です。

  2. Hさんは私の声かけに不快になり、無視をしたのだから、黙って車椅子を押したことはHさんに不快感を与えず、良かったと考えた。 ❌
    不適切です。

  3. Hさんから拒否されたのではないかという恐れがあったため、Hさんに話し続けることができなかったと考えた。 ⭕️
    適切です。

  4. 他者とのコミュニケーションが困難な利用者とかかわることは、私には無理な取り組みであった。 ❌
    不適切です。