資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成25年度 問7

 次の規約の定めのうち、区分所有法の規定によれば、規約としての効力が生じない定めの組合せはどれか。

  1. 一つの専有部分が数人の共有に属するときは、各共有者は、その共有持分の割合に応じて議決権を行使することができる。
  2. 規約及び集会の議事録は、管理者が指名した管理者以外の区分所有者に保管させることができる。
  3. 集会は、区分所有者全員の同意があるときは、招集の手続を経ないで開くことができる。
  4. 集会の議長は、集会に出席した区分所有者のうちから管理者が指名した者がなる。
  1. アとイ
  2. イとウ
  3. ウとエ
  4. エとア

 

答え

       1

解説

  1. 一つの専有部分が数人の共有に属するときは、各共有者は、その共有持分の割合に応じて議決権を行使することができる。 ⭕️
    規約としての効力が生じません。

  2. 規約及び集会の議事録は、管理者が指名した管理者以外の区分所有者に保管させることができる。 ⭕️
    規約としての効力が生じません。

  3. 集会は、区分所有者全員の同意があるときは、招集の手続を経ないで開くことができる。 ❌
    規約としての効力が生じます。

  4. 集会の議長は、集会に出席した区分所有者のうちから管理者が指名した者がなる。 ❌
    規約としての効力が生じます。