資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成25年度 問26

 管理費等に余剰又は不足が生じた場合の取扱いについて、総会の普通決議で行うことができるものは、標準管理規約によれば、次のうちどれか。

  1. 管理費に余剰が生じた場合に、これを修繕積立金に振り替えること。
  2. 管理費に不足が生じた場合に、修繕積立金の一部を管理費に振り替えること。
  3. 管理費に余剰が生じ修繕積立金が不足する場合に、管理費を引き下げ、修繕積立金を引き上げること。
  4. 管理費に不足が生じ修繕積立金に余剰がある場合に、共用設備の保守維持費の支払に充てるため、修繕積立金を取り崩すこと。

 

答え

       3

解説

  1. 管理費に余剰が生じた場合に、これを修繕積立金に振り替えること。 ❌
    総会の普通決議で行うことができません。

  2. 管理費に不足が生じた場合に、修繕積立金の一部を管理費に振り替えること。 ❌
    総会の普通決議で行うことができません。

  3. 管理費に余剰が生じ修繕積立金が不足する場合に、管理費を引き下げ、修繕積立金を引き上げること。 ⭕️
    総会の普通決議で行うことができます。

  4. 管理費に不足が生じ修繕積立金に余剰がある場合に、共用設備の保守維持費の支払に充てるため、修繕積立金を取り崩すこと。 ❌
    総会の普通決議で行うことができません。