資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成25年度 問37

 マンションの長期修繕計画の作成に関する次の記述のうち、「長期修繕計画作成ガイドライン及び同コメント」(平成20年6月国土交通省公表)及び「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」(平成23年4月国土交通省公表)によれば、適切でないものはどれか。

  1. 外壁塗装やシーリング材などに耐久性の高い材料が使われているので、外壁塗装等の修繕周期を14年として計画した。
  2. 長期修繕計画の見直しは、大規模修繕実施前の調査結果を参考にするために、12年ごととした。
  3. 既存のマンションの長期修繕計画を見直すに当たり、計画期間を30年として計画した。
  4. 30階建てのマンションの修繕工事費の算定において、仮設工事のための費用を一般的な中高層マンションに比べて多めに見積もった。

 

答え

       2

解説

  1. 外壁塗装やシーリング材などに耐久性の高い材料が使われているので、外壁塗装等の修繕周期を14年として計画した。 ⭕️
    適切です。

  2. 長期修繕計画の見直しは、大規模修繕実施前の調査結果を参考にするために、12年ごととした。 ❌
    不適切です。

  3. 既存のマンションの長期修繕計画を見直すに当たり、計画期間を30年として計画した。 ⭕️
    適切です。

  4. 30階建てのマンションの修繕工事費の算定において、仮設工事のための費用を一般的な中高層マンションに比べて多めに見積もった。 ⭕️
    適切です。