資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成25年度 問41

 マンションの建物(鉄筋コンクリート造)の一般的な耐震改修工法に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 構造耐力の向上を図るため、外付け鉄骨フレームにより柱・梁の補強をする。
  2. 構造上のバランスの改善を図るため、耐震スリットを設ける。
  3. 柱のじん性(粘り強さ)の向上を図るため、炭素シート巻き立てにより柱を補強する。
  4. 地震力の低減を図るため、バットレスを設置する。

 

答え

       4

解説

  1. 構造耐力の向上を図るため、外付け鉄骨フレームにより柱・梁の補強をする。 ⭕️
    適切です。

  2. 構造上のバランスの改善を図るため、耐震スリットを設ける。 ⭕️
    適切です。

  3. 柱のじん性(粘り強さ)の向上を図るため、炭素シート巻き立てにより柱を補強する。 ⭕️
    適切です。

  4. 地震力の低減を図るため、バットレスを設置する。 ❌
    不適切です。