資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成25年度 問42

 マンションの構造に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 剛心とは、構造物の床位置に水平力が作用するとき、ある層の床の水平面内における回転中心をいう。
  2. 摩擦杭は、地盤の土と杭周面の摩擦力及び強固な支持層による杭先端の支持力によって建築物の重量を支えるものである。
  3. 建築物に作用する固定荷重は、躯体、仕上げ材料等、建築物自体の重量をいい、屋根、床、壁等の建築物の部分別に定められた数値により計算することができる。
  4. 建築物に作用する積載荷重は、人、家具、調度物品等、移動が比􍟛的簡単にできるものの重量をいい、住宅の居室、事務室、自動車車庫等、室の種類別に定められた数値により計算することができる。

 

答え

       2

解説

  1. 剛心とは、構造物の床位置に水平力が作用するとき、ある層の床の水平面内における回転中心をいう。 ⭕️
    適切です。

  2. 摩擦杭は、地盤の土と杭周面の摩擦力及び強固な支持層による杭先端の支持力によって建築物の重量を支えるものである。 ❌
    不適切です。

  3. 建築物に作用する固定荷重は、躯体、仕上げ材料等、建築物自体の重量をいい、屋根、床、壁等の建築物の部分別に定められた数値により計算することができる。 ⭕️
    適切です。

  4. 建築物に作用する積載荷重は、人、家具、調度物品等、移動が比􍟛的簡単にできるものの重量をいい、住宅の居室、事務室、自動車車庫等、室の種類別に定められた数値により計算することができる。 ⭕️
    適切です。