資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成26年度 問21

 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 市街化調整区域については、現に市街地を形成している区域には、原則として用途地域を定めなければならない。
  2. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域であり、市街化調整区域は、おおむね10年以内に計画的に市街化を図る予定の区域である。
  3. 市街地開発事業は、市街化調整区域内において、一体的に開発し、又は整備する必要がある土地の区域について定めることができる。
  4. 準都市計画区域には、風致地区を定めることができる。

 

答え

       4

解説

  1. 市街化調整区域については、現に市街地を形成している区域には、原則として用途地域を定めなければならない。 ❌
    誤りです。

  2. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域であり、市街化調整区域は、おおむね10年以内に計画的に市街化を図る予定の区域である。 ❌
    誤りです。

  3. 市街地開発事業は、市街化調整区域内において、一体的に開発し、又は整備する必要がある土地の区域について定めることができる。 ❌
    誤りです。

  4. 準都市計画区域には、風致地区を定めることができる。 ⭕️
    正しいです。