資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成26年度 問44

 マンションの排水設備に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管は、強性、耐衝撃性及び耐食性に優れており、配管の接続には排水鋼管用可撓継手を用いる。
  2. ディスポーザ排水処理システムにおいては、破砕された生ごみを含む排水を処理槽で一定のBOD(生物化学的酸素要求量)濃度まで処理した後に、下水道へ放流する。
  3. 排水管にトラップを設置する目的は、封水によって排水管内の臭気や害虫が排水管から器具を通して室内へ侵入することを防止することである。
  4. マンションの排水方式の分流式とは、「汚水」と「雑排水」とが別々の排水系統であることをいい、公共下水道の分流式とは、「汚水」と「雑排水及び雨水」とが別々の下水系統であることをいう。

 

答え

       4

解説

  1. 排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管は、強性、耐衝撃性及び耐食性に優れており、配管の接続には排水鋼管用可撓継手を用いる。 ⭕️
    適切です。

  2. ディスポーザ排水処理システムにおいては、破砕された生ごみを含む排水を処理槽で一定のBOD(生物化学的酸素要求量)濃度まで処理した後に、下水道へ放流する。 ⭕️
    適切です。

  3. 排水管にトラップを設置する目的は、封水によって排水管内の臭気や害虫が排水管から器具を通して室内へ侵入することを防止することである。 ⭕️
    適切です。

  4. マンションの排水方式の分流式とは、「汚水」と「雑排水」とが別々の排水系統であることをいい、公共下水道の分流式とは、「汚水」と「雑排水及び雨水」とが別々の下水系統であることをいう。 ❌
    不適切です。