資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成26年度 問50

 マンション管理適正化法第103条第1項に規定する宅地建物取引業者が交付しなければならないマンションの設計に関する図書(以下「設計図書」という。)に関する次の記述のうち、同法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. マンションの駐車場、公園、緑地及び広場に係る図書は、設計図書には含まれない。
  2. マンションの日影図は、設計図書に含まれる。
  3. 設計図書は、工事が完了した時点の建物及びその附属施設に係る図書である。
  4. 自ら売主として新築マンションを分譲した宅地建物取引業者は、その分譲後2年以内に当該マンションの管理組合の管理者等が選任されたときは、速やかに、当該管理者等に対し、設計図書を交付しなければならない。

 

答え

       3

解説

  1. マンションの駐車場、公園、緑地及び広場に係る図書は、設計図書には含まれない。 ❌
    誤りです。

  2. マンションの日影図は、設計図書に含まれる。 ❌
    誤りです。

  3. 設計図書は、工事が完了した時点の建物及びその附属施設に係る図書である。 ⭕️
    正しいです。

  4. 自ら売主として新築マンションを分譲した宅地建物取引業者は、その分譲後2年以内に当該マンションの管理組合の管理者等が選任されたときは、速やかに、当該管理者等に対し、設計図書を交付しなければならない。 ❌
    誤りです。