資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成27年度 問7

 集会に関する次の記述の   の中の定数又は期間のうち、区分所有法の規定によれば、規約でその定数を増加することも減少することもいずれもできるもの、又はその期間を伸長することも短縮することもいずれもできるものはどれか。

  1. 管理組合が管理組合法人となるためには、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議によらなければならない。
  2. 区分所有者の1/5以上で議決権の1/5以上を有するものは、管理者に対し、会議の目的たる事項を示して、集会の招集を請求することができる。
  3. 建替え決議を会議の目的としない集会の招集の通知は、当該集会の会日より少なくとも1週間前に、各区分所有者に発しなければならない。
  4. 建替え決議を会議の目的とする集会の招集の通知は、当該集会の会日より少なくとも2月前に、各区分所有者に発しなければならない。

 

答え

       3

解説

  1. 管理組合が管理組合法人となるためには、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議によらなければならない。 ❌
    定数について増加も減少もできません。

  2. 区分所有者の1/5以上で議決権の1/5以上を有するものは、管理者に対し、会議の目的たる事項を示して、集会の招集を請求することができる。 ❌
    定数について減少はできます。

  3. 建替え決議を会議の目的としない集会の招集の通知は、当該集会の会日より少なくとも1週間前に、各区分所有者に発しなければならない。 ⭕️
    期間について伸長および短縮のいずれもできます。

  4. 建替え決議を会議の目的とする集会の招集の通知は、当該集会の会日より少なくとも2月前に、各区分所有者に発しなければならない。 ❌
    期間について伸長はできます。