資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成27年度 問22

 貯水槽水道に関する次の記述のうち、水道法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 水道事業の用に供する水道から供給を受ける水のみを水源とする水道は、水槽の有効容量を問わず、貯水槽水道である。
  2. 貯水槽水道のうち、水槽の有効容量の合計が10㎥を超えるものは、簡易専用水道となる。
  3. 貯水槽水道のうち、水槽の有効容量の合計が100㎥を超えるものは、専用水道となる。
  4. 水道事業の用に供する水道から供給を受ける水に加えて自家用の井戸を水源とし、水槽の有効容量の合計が10㎥以下のものは、貯水槽水道である。

 

答え

       2

解説

  1. 水道事業の用に供する水道から供給を受ける水のみを水源とする水道は、水槽の有効容量を問わず、貯水槽水道である。 ❌
    誤りです。

  2. 貯水槽水道のうち、水槽の有効容量の合計が10㎥を超えるものは、簡易専用水道となる。 ⭕️
    正しいです。

  3. 貯水槽水道のうち、水槽の有効容量の合計が100㎥を超えるものは、専用水道となる。 ❌
    誤りです。

  4. 水道事業の用に供する水道から供給を受ける水に加えて自家用の井戸を水源とし、水槽の有効容量の合計が10㎥以下のものは、貯水槽水道である。 ❌
    誤りです。