資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成27年度 問43

 マンションの給水設備に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

  1. 給水設備の計画において、居住者1人当たりの1日の使用水量を75〜150ℓとする。
  2. 飲料用受水槽のマンホール面は、ほこりやその他衛生上有害なものが入らないように、受水槽の天井面より5cm程度立ち上げる。
  3. 水道水の水質を確保するためには、給水栓における遊離残留塩素の濃度が、通常0.01mg/ℓ以上にしなければならない。
  4. 水道水の水質を確保するためには、給水栓における遊離残留塩素の濃度が、通常0.01mg/ℓ以上にしなければならない。

 

答え

       4

解説

  1. 給水設備の計画において、居住者1人当たりの1日の使用水量を75〜150ℓとする。 ❌
    不適切です。

  2. 飲料用受水槽のマンホール面は、ほこりやその他衛生上有害なものが入らないように、受水槽の天井面より5cm程度立ち上げる。 ❌
    不適切です。

  3. 水道水の水質を確保するためには、給水栓における遊離残留塩素の濃度が、通常0.01mg/ℓ以上にしなければならない。 ❌
    不適切です。

  4. 水道水の水質を確保するためには、給水栓における遊離残留塩素の濃度が、通常0.01mg/ℓ以上にしなければならない。 ⭕️
    適切です。