資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成27年度 問47

 マンション管理士Aは、甲マンション管理組合の管理者である。この場合に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Aは、道路交通法に違反し、懲役の刑に処せられ、その刑の執行を猶予されたときは、マンション管理士の登録を取り消される。
  2. Aは、甲マンション以外の管理組合の相談に応じることはできるが、甲マンションの区分所有者等に対する助言、指導等を行うことはできない。
  3. Aは、管理者の実務を3年間経験した証明があれば、5年ごとの講習の受講義務を免除される。
  4. Aは、マンション管理士登録証を紛失したときは、マンション管理士の名称を使用することができない。

 

答え

       1

解説

  1. Aは、道路交通法に違反し、懲役の刑に処せられ、その刑の執行を猶予されたときは、マンション管理士の登録を取り消される。 ⭕️
    正しいです。

  2. Aは、甲マンション以外の管理組合の相談に応じることはできるが、甲マンションの区分所有者等に対する助言、指導等を行うことはできない。 ❌
    誤りです。

  3. Aは、管理者の実務を3年間経験した証明があれば、5年ごとの講習の受講義務を免除される。 ❌
    誤りです。

  4. Aは、マンション管理士登録証を紛失したときは、マンション管理士の名称を使用することができない。 ❌
    誤りです。