資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成28年度 問34

 甲マンション管理組合の平成27年度(平成27年4月1日〜平成28年3月31日)の会計に係る次の仕訳のうち、適切でないものはどれか。ただし、会計処理は発生主義の原則によるものとする。

  1. 平成28年3月に、平成28年3月分、4月分及び5月分の管理費(1ヵ月分は3万円)の合計9万円が入金された。
    f:id:honmurapeo:20181029201428p:plain
  2. 平成28年8月に完了予定の修繕工事の工事費80万円のうち、着手金として平成28年3月に30万円を支払い、工事完了時に50万円を支払う予定である。
    f:id:honmurapeo:20181029201440p:plain
  3. 平成27年4月に、建物の事故等に備え、保険期間3 年の積立型マンション保険に加入し、3年分の保険料総額30万円を支払った。なお、1年間の掛捨保険料は8万円、3年後の満期返戻金は6万円である。
    f:id:honmurapeo:20181029201449p:plain
  4. 平成26年度の貸借対照表に計上されていた管理費の未収金10万円のうち、8万円が平成27年度に入金されたが、2万円はまだ入金されていない。
    f:id:honmurapeo:20181029201502p:plain

 

答え

       4

解説

  1. 平成28年3月に、平成28年3月分、4月分及び5月分の管理費(1ヵ月分は3万円)の合計9万円が入金された。 ⭕️
    適切です。

  2. 平成28年8月に完了予定の修繕工事の工事費80万円のうち、着手金として平成28年3月に30万円を支払い、工事完了時に50万円を支払う予定である。 ⭕️
    適切です。

  3. 平成27年4月に、建物の事故等に備え、保険期間3 年の積立型マンション保険に加入し、3年分の保険料総額30万円を支払った。なお、1年間の掛捨保険料は8万円、3年後の満期返戻金は6万円である。 ⭕️
    適切です。

  4. 平成26年度の貸借対照表に計上されていた管理費の未収金10万円のうち、8万円が平成27年度に入金されたが、2万円はまだ入金されていない。 ❌
    不適切です。