資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成29年度 問36

 マンションの建物の調査機器と調査方法に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

  1. クラックスケールを用いて、コンクリートのひび割れ深さの調査を行った。
  2. タッピングマシンを用いて、外壁タイルの浮きの調査を行った。
  3. 電磁波レーダを用いて、給排水管内部の劣化状況の調査を行った。
  4. 無色透明な市販の粘着テープを用いて、仕上塗材の白亜化(チョーキング)の程度の調査を行った。

 

答え

       4

解説

  1. クラックスケールを用いて、コンクリートのひび割れ深さの調査を行った。 ❌
    不適切です。

  2. タッピングマシンを用いて、外壁タイルの浮きの調査を行った。 ❌
    不適切です。

  3. 電磁波レーダを用いて、給排水管内部の劣化状況の調査を行った。 ❌
    不適切です。

  4. 無色透明な市販の粘着テープを用いて、仕上塗材の白亜化(チョーキング)の程度の調査を行った。 ⭕️
    適切です。