資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成29年度 問41

 マンションの室内環境に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 建築基準法の規定による居室に設ける窓その他の開口部の採光に有効な部分の面積の算定方法は、開口部が設置されている壁面の方位により異なる。
  2. 低放射複層ガラス(Low-E複層ガラス)は中空層側のガラス面に特殊な金属膜をコーティングしたものであるが、金属膜を屋外側ガラスにコーティングした場合と室内側ガラスにコーティングした場合とでは、室内環境に及ぼす効果が異なる。
  3. 遮音対策としては、共用廊下やエレベーター、設備配管からの騒音にも配慮する必要がある。
  4. 壁下地材などの内装材として使用されているせっこうボードは、防火性だけではなく遮音性を有している。

 

答え

       1

解説

  1. 建築基準法の規定による居室に設ける窓その他の開口部の採光に有効な部分の面積の算定方法は、開口部が設置されている壁面の方位により異なる。 ❌
    不適切です。

  2. 低放射複層ガラス(Low-E複層ガラス)は中空層側のガラス面に特殊な金属膜をコーティングしたものであるが、金属膜を屋外側ガラスにコーティングした場合と室内側ガラスにコーティングした場合とでは、室内環境に及ぼす効果が異なる。 ⭕️
    適切です。

  3. 遮音対策としては、共用廊下やエレベーター、設備配管からの騒音にも配慮する必要がある。 ⭕️
    適切です。

  4. 壁下地材などの内装材として使用されているせっこうボードは、防火性だけではなく遮音性を有している。 ⭕️
    適切です。