資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成29年度 問44

 マンションの設備に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 飲料用の受水槽の有効容量は、一般にマンション全体の一日の使用水量の2分の1程度に計画する。
  2. 屋内消火栓設備の広範囲型2号消火栓は、火災時に、一人でも操作ができる。
  3. 逆わんトラップは、清掃が容易にできるため、台所流しの排水口に設置する。
  4. 地震時のエレベーター内への閉じ込めの防止策の一つとして、初期微動(P波)を検知して運転を制御する地震時等管制運転装置を設置する。

 

答え

       3

解説

  1. 飲料用の受水槽の有効容量は、一般にマンション全体の一日の使用水量の2分の1程度に計画する。 ⭕️
    適切です。

  2. 屋内消火栓設備の広範囲型2号消火栓は、火災時に、一人でも操作ができる。 ⭕️
    適切です。

  3. 逆わんトラップは、清掃が容易にできるため、台所流しの排水口に設置する。 ❌
    不適切です。

  4. 地震時のエレベーター内への閉じ込めの防止策の一つとして、初期微動(P波)を検知して運転を制御する地震時等管制運転装置を設置する。 ⭕️
    適切です。