資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

マンション管理士 平成29年度 問45

 マンションの設備の清掃及び保守点検に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

  1. 共用部分の排水管に設置する掃除口は、排水の流れの方向又は流れと直角方向に開口するように設ける。
  2. 機械式立体駐車場は、機種、使用頻度等に応じて、1〜3ヵ月以内に1度を目安として、専門技術者による点検を受ける。
  3. 消防用設備の点検において、誘導灯は、外観から又は簡易な操作により判別できる事項について点検を行う機器点検を、6ヵ月に1回実施する。
  4. エレベーターの保守契約におけるPOG契約は、定期的な機器・装置の保守・点検のみを行う契約方式で、仕様書で定める消耗品を除き、劣化した部品の取替えや修理等を含まない。

 

答え

       1

解説

  1. 共用部分の排水管に設置する掃除口は、排水の流れの方向又は流れと直角方向に開口するように設ける。 ❌
    不適切です。

  2. 機械式立体駐車場は、機種、使用頻度等に応じて、1〜3ヵ月以内に1度を目安として、専門技術者による点検を受ける。 ⭕️
    適切です。

  3. 消防用設備の点検において、誘導灯は、外観から又は簡易な操作により判別できる事項について点検を行う機器点検を、6ヵ月に1回実施する。 ⭕️
    適切です。

  4. エレベーターの保守契約におけるPOG契約は、定期的な機器・装置の保守・点検のみを行う契約方式で、仕様書で定める消耗品を除き、劣化した部品の取替えや修理等を含まない。 ⭕️
    適切です。