資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

ケアマネジャー 第19回 問題43

 認知症について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

  1. レビー小体型認知症では、起立性低血圧や失神による転倒、便秘などの症状はまれである。
  2. 認知症ケアパスとは、医療機関の連携を示すもので、介護体制は含まない。
  3. 若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。
  4. 認知症のSOSネットワークは、警察だけでなく、介護事業者や地域の生活関連団体等が捜索に協力して、行方不明者を発見する仕組みである。
  5. 正常圧水頭症にみられる認知機能障害は、脳の周囲や脳室内に脳脊髄液が貯留するために生じる。

 

答え

       3, 4, 5

解説

  1. レビー小体型認知症では、起立性低血圧や失神による転倒、便秘などの症状はまれである。 ❌
    レビー小体型認知症は、起立性低血圧や失神による転倒、便秘などの症状が多くみられます。

  2. 認知症ケアパスとは、医療機関の連携を示すもので、介護体制は含まない。 ❌
    適切なサービス提供の流れを示したもので、介護体制も含みます。

  3. 若年性認知症者は、自立支援医療の対象となる。 ⭕️
    適切です。

  4. 認知症のSOSネットワークは、警察だけでなく、介護事業者や地域の生活関連団体等が捜索に協力して、行方不明者を発見する仕組みである。 ⭕️
    適切です。

  5. 正常圧水頭症にみられる認知機能障害は、脳の周囲や脳室内に脳脊髄液が貯留するために生じる。 ⭕️
    適切です。