資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

ケアマネジャー 第19回 問題44

 居宅サービス事業について適切なものはどれか。2つ選べ。

  1. 連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、定期巡回サービス、随時対応サービス、随時訪問サービスを提供する。
  2. 指定訪問リハビリテーションの提供は、研修を受けた看護師が行うことができる。
  3. 介護予防訪問看護の対象者には、末期の悪性腫瘍の患者も含まれる。
  4. 短期入所療養介護の入所が4日以上になる場合は、医師の診療方針に基づき、居宅サービス計画に沿った短期入所療養介護計画を事業所の管理者が作成する。
  5. 通所リハビリテーション計画は、かかりつけ医の指示により作成しなければならない。

 

答え

       1, 4

解説

  1. 連携型定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所は、定期巡回サービス、随時対応サービス、随時訪問サービスを提供する。 ⭕️
    適切です。

  2. 指定訪問リハビリテーションの提供は、研修を受けた看護師が行うことができる。 ❌
    指定訪問リハビリテーションの提供は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のみが行うことができます。

  3. 介護予防訪問看護の対象者には、末期の悪性腫瘍の患者も含まれる。 ❌
    末期の悪性腫瘍の患者は、介護予防訪問看護の対象者にはなりません。

  4. 短期入所療養介護の入所が4日以上になる場合は、医師の診療方針に基づき、居宅サービス計画に沿った短期入所療養介護計画を事業所の管理者が作成する。 ⭕️
    適切です。

  5. 通所リハビリテーション計画は、かかりつけ医の指示により作成しなければならない。 ❌
    通所リハビリテーション計画は、主治医の指示により作成しなければなりません。