資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題3

 利用者との関係を構築するためのコミュニケーションの基本として,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 聞き手に徹する。
  2. 声の高低や抑揚を一定に保つ。
  3. 身振りや手振りは最小限にする。
  4. 介護福祉職の主観を基準にする。
  5. 利用者の生活史を尊重する。

 

答え

       5

解説

  1. 聞き手に徹する。 ❌
    相互理解を深めるには自ら情報発信することも必要であるため,不適切です。

  2. 声の高低や抑揚を一定に保つ。 ❌
    落ち着いて話すことは重要ですが,声の高低や抑揚を一定に保つ訳ではなく,不適切です。

  3. 身振りや手振りは最小限にする。 ❌
    ある程度ジェスチャーを加えることが望ましいため,不適切です。

  4. 介護福祉職の主観を基準にする。 ❌
    利用者の考え方を理解するよう努めるべきであり,不適切です。

  5. 利用者の生活史を尊重する。 ⭕️
    利用者を理解するのに重要なため,適切です。