資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題17

 2017年(平成29年)4月現在,経済連携協定(Economic Partnership Agreement)に基づく介護福祉士候補者等の受入れに関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 介護福祉士候補者の受入れは,2002年度(平成14年度)から始まった。
  2. 対象となる国は,東南アジア6か国である。
  3. 介護福祉士候補者の受入れ施設の要件は,常勤介護職員の2割以上が介護福祉士であることである。
  4. 介護福祉士候補者の在留期間は,3年である。
  5. 介護福祉士として介護業務に従事する限り,日本に在留できる。

 

答え

       5

解説

  1. 介護福祉士候補者の受入れは,2002年度(平成14年度)から始まった。 ❌
    誤りです。

  2. 対象となる国は,東南アジア6か国である。 ❌
    誤りです。

  3. 介護福祉士候補者の受入れ施設の要件は,常勤介護職員の2割以上が介護福祉士であることである。 ❌
    誤りです。

  4. 介護福祉士候補者の在留期間は,3年である。 ❌
    誤りです。

  5. 介護福祉士として介護業務に従事する限り,日本に在留できる。 ⭕️
    正しいです。