資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題18

 社会福祉士及び介護福祉士法に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

  1. 介護に従事している者は,介護福祉士を名乗ることができる。
  2. 介護福祉士の業として,介護者に対する介護に関する指導が含まれる。
  3. 成年被後見人や被保佐人は,介護福祉士となることができる。
  4. 介護福祉士は信用失墜行為をした場合,罰則により1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。
  5. 介護福祉士国家試験に合格した日から,介護福祉士を名乗ることができる。

 

答え

       2

解説

  1. 介護に従事している者は,介護福祉士を名乗ることができる。 ❌
    不適切です。

  2. 介護福祉士の業として,介護者に対する介護に関する指導が含まれる。 ⭕️
    適切です。

  3. 成年被後見人や被保佐人は,介護福祉士となることができる。 ❌
    不適切です。

  4. 介護福祉士は信用失墜行為をした場合,罰則により1年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる。 ❌
    不適切です。

  5. 介護福祉士国家試験に合格した日から,介護福祉士を名乗ることができる。 ❌
    不適切です。