資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題20

 Hさん(75歳,女性)は,1か月前に介護老人福祉施設に入所した。脳梗塞(cerebral infarction)の後遺症として,左片麻痺があり,認知症(dementia)と診断されている。看護師として長年勤め,退職時は看護部長であった。Hさんは日頃から,介護福祉職に苦情を言い,周りの利用者とのトラブルも絶えない。特に日中の入浴に関しては,拒否が強く,「私は仕事があるから,夜に一人でお風呂に入りたい」という訴えが続いている。
 介護福祉職のHさんへの対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 施設長から,特別扱いはできないことを説明してもらう。
  2. 夜の,居室での全身清拭に変更する。
  3. Hさんの対応を,施設の看護職員に任せる。
  4. 家族から,既に退職していることを説明してもらう。
  5. Hさんの働いていた頃の話を詳しく聴く。

 

答え

       5

解説

  1. 施設長から,特別扱いはできないことを説明してもらう。 ❌
    不適切です。

  2. 夜の,居室での全身清拭に変更する。 ❌
    不適切です。

  3. Hさんの対応を,施設の看護職員に任せる。 ❌
    不適切です。

  4. 家族から,既に退職していることを説明してもらう。 ❌
    不適切です。

  5. Hさんの働いていた頃の話を詳しく聴く。 ⭕️
    適切です。