資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題25

 「育児・介護休業法」に基づく,休業や休暇などの取得に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

  1. 育児休業期間は,子が満3歳になるまでである。
  2. 子の小学校就学前まで短時間勤務制度を活用できる。
  3. 子が病気等をしたときは,3歳まで年に10日間の看護休暇を取得できる。
  4. 要介護状態にある家族の通院の付添いをするときは,介護休暇を取得できる。
  5. 介護休業とは,2か月以上要介護状態が続いている家族を介護するためのものである。

(注)「育児・介護休業法」とは,「育児休業,介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」のことである。

 

答え

       4

解説

  1. 育児休業期間は,子が満3歳になるまでである。 ❌
    不適切です。

  2. 子の小学校就学前まで短時間勤務制度を活用できる。 ❌
    不適切です。

  3. 子が病気等をしたときは,3歳まで年に10日間の看護休暇を取得できる。 ❌
    不適切です。

  4. 要介護状態にある家族の通院の付添いをするときは,介護休暇を取得できる。 ⭕️
    適切です。

  5. 介護休業とは,2か月以上要介護状態が続いている家族を介護するためのものである。 ❌
    不適切です。