資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題68

 Gさん(66歳,女性)は,1年前に脳梗塞(cerebral infarction)を発症して片麻痺になった。在宅復帰を目指し,介護老人保健施設に入所して,「家に帰れるように頑張らなくちゃ」と熱心に立位訓練に取り組んでいた。しかし,同居していた孫が3日前に訪れてから,「体調が悪い」と言って,閉じこもり,食事は半分も食べなくなった。傾聴ボランティアがGさんの居室を訪れると,「訓練しても帰るところがない」と泣いて話したという。
 Gさんに対する介護福祉職の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 食事量を評価して,栄養指導を行う。
  2. 立位訓練を評価して,回復状況を把握する。
  3. 家族と調整して,退所後の住まいを整える。
  4. サービス担当者会議に孫を招集する。
  5. 傾聴ボランティアの情報を基に,本人の生活ニーズを確認する。

 

答え

       5

解説

  1. 食事量を評価して,栄養指導を行う。 ❌
    不適切です。

  2. 立位訓練を評価して,回復状況を把握する。 ❌
    不適切です。

  3. 家族と調整して,退所後の住まいを整える。 ❌
    不適切です。

  4. サービス担当者会議に孫を招集する。 ❌
    不適切です。

  5. 傾聴ボランティアの情報を基に,本人の生活ニーズを確認する。 ⭕️
    適切です。