資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題81

 認知機能の評価に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

  1. 長谷川式認知症スケールで認知症(dementia)の診断が可能である。
  2. FAST(Functional Assessment Staging)は,血管性認知症(vascular dementia)の重症度判定に用いる。
  3. IADL(Instrumental Activitiesof DailyLiving:手段的日常生活動作)のアセスメント(assessment)は,軽度の認知症(dementia)において有用である。
  4. MMSE(Mini-Mental State Examination)は,日常生活の行動観察から知能を評価する検査である。
  5. 言語機能が障害されると,認知症(dementia)の重症度評価はできなくなる。

 

答え

       3

解説

  1. 長谷川式認知症スケールで認知症(dementia)の診断が可能である。 ❌
    不適切です。

  2. FAST(Functional Assessment Staging)は,血管性認知症(vascular dementia)の重症度判定に用いる。 ❌
    不適切です。

  3. IADL(Instrumental Activitiesof DailyLiving:手段的日常生活動作)のアセスメント(assessment)は,軽度の認知症(dementia)において有用である。 ⭕️
    適切です。

  4. MMSE(Mini-Mental State Examination)は,日常生活の行動観察から知能を評価する検査である。 ❌
    不適切です。

  5. 言語機能が障害されると,認知症(dementia)の重症度評価はできなくなる。 ❌
    不適切です。