資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題118

(総合問題2) 次の事例を読んで,問題117から問題119までについて答えなさい。


〔事例〕
 Cさん(87歳,女性)は,「財布がなくなった,誰かに盗られた」と訴えるようになった。夫が盗られていないことを説明しても受け入れなかった。心配した夫に連れられて受診すると,アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’st ype)と診断された。その後,認知症(dementia)の進行に伴って夫の介護負担が増えたので,通所介護(デイサービス)を利用することになった。
 ある日,介護福祉職が入浴介助をしている時,Cさんの体に複数のあざを見つけたため,介護支援専門員(ケアマネジャー)に報告した。介護支援専門員(ケアマネジャー)から連絡を受けた地域包括支援センターの職員がCさんと夫に確認したところ,夫による暴力が原因であることがわかった。夫の介護負担が軽くなるように,短期入所生活介護(ショートステイ)の利用を勧めたが,夫は拒否した。その後も,虐待は改善されなかった。そこで,市町村のやむを得ない事由による措置により施設に入所することになった。
 入所後まもなく,夜間に施設内を歩き回るCさんの様子が見られた。介護福祉職が声をかけると,「トイレの場所がわからない」と話した。日中はトイレで排泄を行い,下着を汚すことはなかった。

 

 Cさんが施設に入所する根拠となっている法律として,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 介護保険法
  2. 生活保護法
  3. 老人福祉法
  4. 社会福祉法
  5. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律

 

答え

       3

解説

  1. 介護保険法 ❌
    誤りです。

  2. 生活保護法 ❌
    誤りです。

  3. 老人福祉法 ⭕️
    正しいです。

  4. 社会福祉法 ❌
    誤りです。

  5. 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 ❌
    誤りです。