資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

介護福祉士 第30回 問題122

(総合問題3) 次の事例を読んで,問題120から問題122までについて答えなさい。


〔事例〕
 N市に住んでいるDさん(64歳,男性)は38歳の時にバイクで事故を起こして,第6頸髄節まで機能残存の頸髄損傷(cervicalcordinjury)となった。上肢の筋力向上と可動域の確保のためにリハビリテーションを行ったが,手関節は拘縮して,スプーンを握ることはできなかった。また,夏になると障害の特性から体調が悪くなることを自覚していた。施設への入所も考えたが,家族と共に暮らすことを選んで,N市の居宅介護,重度訪問介護,地域生活支援事業の移動支援等の障害福祉のサービスを利用して生活していた。
 最近,Dさんは元気がなく沈んだ様子である。心配したE介護福祉職が,「最近,元気がないようですが,何か心配事でもあるのですか」とDさんに聞いた。Dさんは,「65歳になると介護保険のサービスに移行して,障害福祉のサービスが利用できなくなるのではないか」,特に,「趣味の映画を映画館で見るための移動支援のサービスを利用できなくなるのではないか」と心配していた。

 

 E介護福祉職は相談支援専門員にDさんの移動支援の利用について相談した。
 相談支援専門員がDさんに伝える内容として,適切なものを1つ選びなさい。

  1. 利用している居宅介護事業所の管理者の判断で利用できる。
  2. 相談支援専門員の判断で利用できる。
  3. 医師の判断で利用できる。
  4. N市の判断で利用できる。
  5. 介護支援専門員(ケアマネジャー)の判断で利用できる。

 

答え

       4

解説

  1. 利用している居宅介護事業所の管理者の判断で利用できる。 ❌
    不適切です。

  2. 相談支援専門員の判断で利用できる。 ❌
    不適切です。

  3. 医師の判断で利用できる。 ❌
    不適切です。

  4. N市の判断で利用できる。 ⭕️
    適切です。

  5. 介護支援専門員(ケアマネジャー)の判断で利用できる。 ❌
    不適切です。