資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

NW 平成29年度秋期 午前Ⅱ 問6

 DNS ゾーンデータファイルの MX レコードに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. 先頭フィールド(NAME フィールド)には,メールアドレスのドメイン名を記述する。
  2. プリファレンス値が大きい方が優先度は高い。
  3. メール交換ホストを IP アドレスで指定する。
  4. メールサーバの別名を記述できる。

 

答え

      ア

解説

 DNS ゾーンデータファイルのMX(Mail eXchange)レコードには,電子メールの転送先となるサーバのホスト名を指定します。
 具体的には,以下のような形になります。

  [ドメイン名] IN MX [プリファレンス値(優先度)] [ホスト名] 

  1. 先頭フィールド(NAME フィールド)には,メールアドレスのドメイン名を記述する。 ⭕️
    適切です。先頭にはドメイン名(メールアドレスの “@” 以降)を記述します。

  2. プリファレンス値が大きい方が優先度は高い。 ❌
    プリファンレス値が小さいほど優先度は高くなります。

  3. メール交換ホストを IP アドレスで指定する。 ❌
    メール交換ホストはホスト名で指定します。

  4. メールサーバの別名を記述できる。 ❌
    CNAME レコードの説明です。

過去の出題

 なし