資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

NW 平成29年度秋期 午前Ⅱ 問13

 SDN(Software-Defined Networking)で利用される OpenFlow プロトコルの説明として,適切なものはどれか。ここで,ネットワーク機器は OpenFlow に対応しているものとする。

  1. ネットワーク機器の制御のためのプロトコルであり,ネットワーク機器のフローテーブルの情報をコントローラから提供するときに使用される。
  2. ネットワークの構成管理や性能管理のためのプロトコルであり,管理マネージヤと呼ばれるプログラムがネットワーク機器の MIB を取得するときに使用される。
  3. ネットワークのトラフィックを分析するためのプロトコルであり,フロー(IP アドレスやポート番号の組合せ)ごとの統計情報を,ネットワーク機器がコレクタと呼ばれるサーバに送信するときに使用される。
  4. レイヤ 2 の冗長化のためのプロトコルであり,ネットワーク機器がループを検知するときや障害時の迂回ルートを決定するときなどに,ネットワーク機器間の通信に使用される。

 

答え

      ア

解説

  1. ネットワーク機器の制御のためのプロトコルであり,ネットワーク機器のフローテーブルの情報をコントローラから提供するときに使用される。 ⭕️
    適切です。OpenFlowプロトコルの説明です。

  2. ネットワークの構成管理や性能管理のためのプロトコルであり,管理マネージヤと呼ばれるプログラムがネットワーク機器の MIB を取得するときに使用される。 ❌
    SNMP(Simple Network Management Protocol)の説明です。

  3. ネットワークのトラフィックを分析するためのプロトコルであり,フロー(IP アドレスやポート番号の組合せ)ごとの統計情報を,ネットワーク機器がコレクタと呼ばれるサーバに送信するときに使用される。 ❌
    IPFIX(Internet Protocol Flow Information Export)の説明です。

  4. レイヤ 2 の冗長化のためのプロトコルであり,ネットワーク機器がループを検知するときや障害時の迂回ルートを決定するときなどに,ネットワーク機器間の通信に使用される。 ❌
    STP(Spanning Tree Protocol)の説明です。

過去の出題

 なし