資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

NW 平成30年度秋期 午前Ⅱ 問3

 ネットワークの QoS を実現するために使用されるトラフィック制御方式に関する説明のうち,適切なものはどれか。

  1. 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソースを要求し,確保の状況に応じて通信を制御することを,アドミッション制御という。
  2. 入力されたトラフィックが規定された最大速度を超過しないか監視し,超過分のパケットを破棄するか優先度を下げる制御を,シェーピングという。
  3. パケットの送出間隔を調整することによって,規定された最大速度を超過しないようにトラフィックを平準化する制御を,ポリシングという。
  4. フレームの種類や宛先に応じて優先度を変えて中継することを,ベストエフォートという。

 

答え

      ア

解説

  1. 通信を開始する前にネットワークに対して帯域などのリソースを要求し,確保の状況に応じて通信を制御することを,アドミッション制御という。 ⭕️
    正しいです。

  2. 入力されたトラフィックが規定された最大速度を超過しないか監視し,超過分のパケットを破棄するか優先度を下げる制御を,シェーピングという。 ❌
    ポリシングの説明です。

  3. パケットの送出間隔を調整することによって,規定された最大速度を超過しないようにトラフィックを平準化する制御を,ポリシングという。 ❌
    シェーピングの説明です。

  4. フレームの種類や宛先に応じて優先度を変えて中継することを,ベストエフォートという。 ❌
    ベストエフォートとは,性能などについて最善を尽くもののその品質を保証しない,というサービスに関する方針を示すものです。