資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

NW 平成30年度秋期 午前Ⅱ 問7

 DNS でのホスト名と IP アドレスの対応付けに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. 一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることはできるが,複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることはできない。
  2. 一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることも,複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることもできる。
  3. 複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることはできるが,一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることはできない。
  4. ホスト名と IP アドレスの対応は全て 1 対 1 である。

 

答え

      イ

解説

  1. 一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることはできるが,複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることはできない。 ❌
    複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることもできます。

  2. 一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることも,複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることもできる。 ⭕️
    正しいです。

  3. 複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることはできるが,一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることはできない。 ❌
    一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることもできます。

  4. ホスト名と IP アドレスの対応は全て 1 対 1 である。 ❌
    一つのホスト名に複数の IP アドレスを対応させることも,複数のホスト名に同一の IP アドレスを対応させることもできます。