資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

NW 平成30年度秋期 午前Ⅱ 問21

 利用者認証情報を管理するサーバ 1 台と複数のアクセスポイントで構成された無線 LAN 環境を実現したい。PC が無線 LAN 環境に接続するときの利用者認証とアクセス制御に,IEEE 802.1X と RADIUS を利用する場合の標準的な方法はどれか。

  1. PC には IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,かつ,RADIUS クライアントの機能をもたせる。
  2. アクセスポイントには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,かつ,RADIUSクライアントの機能をもたせる。
  3. アクセスポイントには IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,かつ,RADIUSサーバの機能をもたせる。
  4. サーバには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,かつ,RADIUSサーバの機能をもたせる。

 

答え

      イ

解説

  1. PC には IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,かつ,RADIUS クライアントの機能をもたせる。 ❌
    XXX

  2. アクセスポイントには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,かつ,RADIUSクライアントの機能をもたせる。 ⭕️
    標準的な方法です。

  3. アクセスポイントには IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,かつ,RADIUSサーバの機能をもたせる。 ❌
    XXX

  4. サーバには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,かつ,RADIUSサーバの機能をもたせる。 ❌
    XXX