資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

貸金業務取扱主任者 平成26年度 問題37

 時効に関する次の①〜④の記述のうち、民法上、その内容が適切でないものを1つだけ選び、解答欄にその番号をマークしなさい。

① 仮差押えは、6か月以内に、差押えをしなければ、時効の中断の効力を生じない。

② 時効の利益は、あらかじめ放棄することができない。

③ 催告は、6か月以内に、裁判上の請求、支払督促の申立て、和解の申立て、破産手続参加など民法第153条に定める手続をとらなければ、時効の中断の効力を生じない。

④ 中断した時効は、その中断の事由が終了した時から、新たにその進行を始める。

 

答え

      ①

解説

① 仮差押えは、6か月以内に、差押えをしなければ、時効の中断の効力を生じない。 ❌
不適切です。

② 時効の利益は、あらかじめ放棄することができない。 ⭕️
適切です。

③ 催告は、6か月以内に、裁判上の請求、支払督促の申立て、和解の申立て、破産手続参加など民法第153条に定める手続をとらなければ、時効の中断の効力を生じない。 ⭕️
適切です。

④ 中断した時効は、その中断の事由が終了した時から、新たにその進行を始める。 ⭕️
適切です。