資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成25年度 問14

 修繕積立金に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約の定めによれば、最も不適切なものはどれか。

  1. 修繕積立金の保管及び運用方法を決めるには、総会の決議によらなければならない。
  2. 長期修繕計画の作成等のために劣化診断(建物診断)に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。
  3. 管理組合は、共用部分等に係る火災保険料については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。
  4. 共用設備の保守、維持及び運転に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。

 

答え

       2

解説

  1. 修繕積立金の保管及び運用方法を決めるには、総会の決議によらなければならない。 ⭕️
    適切です。

  2. 長期修繕計画の作成等のために劣化診断(建物診断)に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。 ❌
    不適切です。

  3. 管理組合は、共用部分等に係る火災保険料については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。 ⭕️
    適切です。

  4. 共用設備の保守、維持及び運転に要する経費については、修繕積立金を取り崩して充当してはならない。 ⭕️
    適切です。